脱毛エステ後に必要なケアについて

安心して利用できる銀行系のキャッシング

脱毛エステ後のアフターケアについてです。まずはエステサロン内でのアフターケアについて考えてみましょう。エステサロンにある脱毛する機械は肌にレーザーや光などをあてますので、あてた後の肌は軽い火傷をおっているような状態になります。火傷した後、どんな人でもすると思いますが、火傷してしまった場所を氷嚢やアイスノンで冷やすと思います。

 

これはエステサロンでも同じです。冷やしたガーゼやジェルを塗ったガーゼなどで肌をクールダウンさせます。冷やした後は日焼け後の肌を想像してください。過度に日焼けしてしまった後の肌はカサカサとし、ひどい状態になると皮がむけてしまいます。そうならないためには潤いを皮膚に与えてやらなければなりません。保湿剤、化粧水などをたっぷりと与えます。エステサロンで使用しているものは一般的に売っている保湿剤よりもさらに保湿性の高いものを使用していることが多いです。

 

しかし、中にはこういったアフターケアをしてくれないエステサロンもありますので、注意が必要です。保湿ローションが別料金になっているようなエステサロンもあります。しかも、その保湿ローション代がとても高いということもあります。こういった困った事態にならないように、無料カウンセリングの時によく確かめておくことが重要になってくるでしょう。心配な場合は口コミなどの情報をよく調べてから行くようにしましょう。

借り入れの際の審査基準とは

自宅でのアフターケアについてです。家ではどんなことに注意したらいいのでしょう。
まず、施術を受けた当日の注意ですが、お風呂はシャワーだけにしましょう。湯船に入り体が温まり過ぎると脱毛したところが痛くなってしまうこともあり、炎症を起こしてしまう可能性もあるのです。きっと、エステサロンなどで注意されると思いますが、うっかり忘れてしまわないようにしましょう。

 

次に必要なのは保湿です。脱毛が肌に負担のかかる行為であることは何度も言ってきているのでおわかりと思いますが、その負担を和らげるのが保湿剤です。いつも以上にたっぷりと化粧水などで潤いを与えてあげましょう。もう一つ、必要なのが日焼けを防ぐことです。先ほども書きましたが日焼けは肌の潤いを奪ってしまいます。肌へ大きな負担をかけることになりますので、日焼け止めを上手に使って日焼けを防ぎましょう。ここで注意して欲しいのはSPFやPAの値が大きいものは肌への負担が大きく、脱毛後の肌に使うには適していません。SPF30、PA++くらいが適当でしょう。

 

以上、注意を3つ書きましたが、保湿剤と日焼け止めの使用は一時的にすればいいというものではありません。エステサロンで脱毛してもらっている期間、そして、その脱毛が終了した後も必要になるのです。いつまで続ければいいという決まった期間はありませんが、自分でむだ毛のない状態が普通になり、肌も違和感がなくなってくるまでは最低でも続けましょう。